/

外為8時30分 円、下落し104円台前半 対ユーロは高い

1日早朝の東京外国為替市場で、円相場は下落して始まった。8時30分時点では前日17時時点に比べ31銭の円安・ドル高の1ドル=104円33銭近辺で推移している。11月30日に発表された11月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI)が市場予想以上に低下したことなどから米景気の先行きに対する懸念が強まり、流動性が高くリスク回避時に選好されやすいドルを買って円を売る動きが強まった。

円は対ユーロで上昇して始まった。8時30分時点では同5銭の円高・ユーロ安の1ユーロ=124円50~53銭で推移している。

ユーロの対ドル相場は下落して始まった。8時30分時点では同0.0039ドルのユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.1934~35ドルで推移している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン