/

この記事は会員限定です

債券15時 長期金利、0.015%に低下 先物は反発

[有料会員限定]

25日の国内債券市場で長期金利は低下(価格は上昇)した。指標となる新発10年物国債の利回りは前日比0.005%低い0.015%を付けた。昼すぎに「東京都は飲食店などに対して営業時間の短縮を再要請する」と伝わるとリスク回避姿勢を強めた投資家の債券買いが次第に優勢になった。午前は米政治の不透明感の後退と、米欧での新型コロナウイルスの感染再拡大を受けた売買が交錯して、利回りは前日から横ばいだった。

財務...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り471文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン