/

この記事は会員限定です

債券15時 長期金利、0.020%に上昇 先物は反落

[有料会員限定]

2日の国内債券市場で長期金利は上昇(価格は下落)した。指標となる新発10年物国債の利回りは前日比0.005%高い0.020%を付けた。新型コロナウイルスのワクチン普及への期待と、国内の経済活動の制限を警戒した売買が交錯して午前は取引が成立しなかった。このところの金利低下で利回りのプラス幅が小さくなっており、次第に持ち高調整や利益確定売りの勢いが強まった。

日銀が2日実施した3本の国債買い入れオペ(公開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン