/

この記事は会員限定です

債券15時 長期金利横ばい、0.010% 5年利回りは2カ月ぶり低水準

[有料会員限定]

20日の国内債券市場で、長期金利は横ばいだった。指標となる新発10年物国債の利回りは前日と同じ0.010%だった。国内では連日、新型コロナウイルスの新規感染者数が高水準で推移している。景気の先行きが不安視され相対的に安全な資産とされる債券は買われやすいものの、利回りがゼロ%に近づいており、3連休を前に上値を追って買う動きは限られた。

財務省は20日、残存期間「1年超5年以下」の国債を対象にした流動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン