/

この記事は会員限定です

債券寄り付き 先物が続落 米債安で売り先行

[有料会員限定]

30日朝方の国内債券市場で先物相場は続落して始まった。中心限月の12月物は前日比6銭安の151円96銭で寄り付き、その後151円93銭まで下げ幅を広げた。7~9月期の実質国内総生産(GDP)など米国の経済指標の改善で景気の先行き不安がいったん和らぎ、29日の米債券相場が下落した。このため国内債にも売りが先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り148文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン