2019年8月26日(月)

香港株大引け 3日ぶり反発、金融緩和期待で 主力株高い

2019/7/19 17:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=安部健太郎】19日の香港株式相場は3日ぶりに反発した。ハンセン指数の終値は前日に比べ303.74ポイント(1.06%)高の2万8765.40と、5日以来2週間ぶりの高値だった。18日の米株式相場の上昇や、金融緩和策への期待などによる19日の中国・上海株高を受けて投資家心理が強気に傾いた。

ハンセン指数を構成する50銘柄のうち45銘柄が上げ、下落は5銘柄にとどまった。ハンセン中国本土株…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。