香港株大引け 小反落、米中対立に警戒も上海株高は支え

2019/5/27 17:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=林千夏】27日の香港株式相場は小幅に反落した。ハンセン指数の終値は前週末比65.84ポイント(0.24%)安の2万7288.09だった。米中対立の行方に対する警戒感が根強く、指数の下落率は午前に一時1%近くに拡大した。ただ上海株が午後に上げ幅を拡大したのが支えとなり、ハンセン指数も次第に下げ幅を縮小した。

中国ネットサービスの騰訊控股(テンセント)が8日続落し、約4カ月半ぶりの安値を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]