/

この記事は会員限定です

香港株大引け 続伸、1.3%高 米政権運営への警戒和らぐ

[有料会員限定]

【NQN香港=安部健太郎】休場明け5日の香港株式相場は続伸した。ハンセン指数の終値は前営業日の9月30日と比べ308.73ポイント(1.31%)高の2万3767.78と、9月21日以来2週間ぶりの高値だった。新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の症状が快方に向かっているとみられ、5日にも退院する可能性があると伝わった。米政権運営の不安定化への警戒が後退して香港時間5日の米株価指数先物やアジア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り609文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン