2019年8月20日(火)

香港株大引け 小反発、「米中協議が事務レベルで再開」報道支え

2019/6/24 17:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=桶本典子】24日の香港株式市場でハンセン指数は小反発した。終値は前週末比39.29ポイント(0.13%)高の2万8513.00だった。午後の取引時間中に「米中貿易協議が事務レベルで再開した」と伝わり、28~29日に大阪で開催予定の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)での米中首脳会談への期待が高まった。

欧米や中国が金融緩和方針を強めるとの観測も地合いを支えた。金利に敏感な香港の不…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。