/

この記事は会員限定です

香港株前引け 大幅反落、ほぼ全面安 新型肺炎拡大が重荷

[有料会員限定]

【NQN香港=安部健太郎】休場明け29日午前の香港株式市場でハンセン指数は大幅に反落した。午前の終値は前営業日の24日に比べ660.09ポイント(2.36%)安の2万7289.55だった。休場期間中に中国などで新型肺炎の感染が一段と拡大しており、中国経済などへの悪影響を警戒した売りに押された。ハンセン指数は構成する50銘柄のうち、中国ネットサービスの騰訊控股(テンセント)を除く49銘柄が下落するほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン