/

この記事は会員限定です

香港株前引け 反落、米中会談で懸念一服 京東は堅調

[有料会員限定]

【NQN香港=柘植康文】18日午前の香港株式市場でハンセン指数は反落した。午前の終値は前日比53.87ポイント(0.22%)安の2万4427.54だった。新型コロナウイルスの感染「第2波」への警戒から売りが優勢となった。ポンペオ米国務長官と中国外交担当トップの楊潔篪(ヤン・ジエチー)中国共産党政治局員の会談について、中国メディアが「建設的な対話が行われた」と報じたのを受けて米中関係を巡る過度な懸念が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り347文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン