/

この記事は会員限定です

香港株前引け 反発、中国の景気回復を好感 アリババは安い

[有料会員限定]

【NQN香港=林千夏】16日午前の香港株式市場でハンセン指数は反発した。午前の終値は前週末比106.55ポイント(0.40%)高の2万6263.41だった。新型コロナウイルス用ワクチンの早期実用化への期待で米国株が上昇し、投資家心理を上向かせた。午前に発表された中国の10月の経済指標が安定した景気回復を示し、金融や資源など景気敏感株への買いが相場の支えとなっている。

英金融HSBCやアジア保険AIA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン