/

この記事は会員限定です

香港株前引け 小反落、相次ぐ大型増資などが重荷

[有料会員限定]

【NQN香港=川上宗馬】2日午前の香港株式市場でハンセン指数は小幅に反落した。午前の終値は前日比18.90ポイント(0.07%)安の2万6548.78だった。複数のメディアの報道でスマートフォンの小米が32億米ドル規模の増資を検討していると伝わるなど、大型の増資や新規株式公開(IPO)が相次いでおり、相場の重荷となった。半面、新型コロナウイルス向けワクチンの実用化が近づいているとの期待から景気敏感株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り298文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン