/

この記事は会員限定です

香港株前引け 続落、不動産や金融に利益確定売り 増益決算のSMIC高い

[有料会員限定]

【NQN香港=川上宗馬】12日午前の香港株式市場でハンセン指数は続落した。午前の終値は前日比104.46ポイント(0.39%)安の2万6122.52だった。このところ上昇が目立っていた金融や不動産、石油株などを中心に短期的な利益確定の売りが出た。ただ、節目の2万6000近辺では押し目買いも入り、相場を下支えした。

ハンセン指数を構成する50銘柄のうち34銘柄が下落し、15銘柄が上昇、横ばいが1銘柄だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り299文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン