/

この記事は会員限定です

香港株前引け 続伸、ワクチン進展を好感 「外出関連」高い

[有料会員限定]

【NQN香港=林千夏】10日午前の香港株式市場でハンセン指数は続伸した。午前の終値は前日比186.41ポイント(0.71%)高の2万6202.58。取引時間中としては7月7日以来、約4カ月ぶりの高値を付ける場面があった。米ファイザーが独ビオンテックと開発中の新型コロナウイルス用ワクチンの治験で予防の有効性が90%を超えたと発表した。経済活動の正常化への期待が高まり、新型コロナによる打撃が大きい「外出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り454文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン