/

この記事は会員限定です

香港株寄り付き 小反落、欧米のコロナ再拡大を警戒 テンセント高値で下値限定

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】重陽節の3連休明け27日寄り付きの香港株式相場は小反落している。ハンセン指数の始値は前営業日の23日に比べ78.81ポイント(0.31%)安の2万4839.97だった。その後も軟調に推移している。前日の欧米株の急落を受け、香港市場でも欧米の新型コロナウイルスの再拡大による世界景気の回復遅れを警戒する売りが優勢となっている。ただ、時価総額上位の中国ネットサービスの騰訊控股(テン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り362文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン