/

この記事は会員限定です

商品11時30分 トウモロコシが小幅反発、生産減の観測で 原油は反落

[有料会員限定]

23日午前の東京商品取引所でトウモロコシは小幅に反発した。11時30分時点で中心限月の2020年7月物は、前日の清算値と比べ30円高い1トン2万4680円だった。作付面積が減少するとの予想が根強く、将来の生産減少を見越した買いが入った。「作柄改善で1エーカー当たりの収穫量が増えても、全体的な生産減少を相殺しきれない」(先物会社のアナリスト)との声が聞かれた。

一方、産地である米中西部の降雨予報を材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン