/

この記事は会員限定です

商品9時30分 原油は反落、需要低迷の懸念で 金は続落

[有料会員限定]

18日朝方の国内商品先物市場で、原油は反落して取引を始めた。取引の中心である2021年4月物は1キロリットル2万8510円と前日の清算値に比べ460円安い水準で寄り付いた。新型コロナウイルスの感染拡大の勢いが増したことで、米国などでは経済活動の制限を強化する動きが広がっており、エネルギー需要の減少を懸念した売りが出ている。米石油協会(API)が日本時間18日早朝に発表した週間統計で、原油在庫が前週...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り420文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン