/

この記事は会員限定です

商品9時30分 原油急伸、一時12%高 中東の供給不足を懸念

[有料会員限定]

17日朝方の東京商品取引所で原油が急伸している。取引の中心である2020年2月物は前週末の清算値と比べ4110円高い1キロリットル4万950円で始まった。一時は同4310円(12%)高の4万1150円と約2週間ぶりの高値を付けた。サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの石油施設が無人機の攻撃を受けたのを材料に、供給不足を懸念した買いが集まった。市場では「サウジアラビアの1日の生産量の約半分が生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン