/

この記事は会員限定です

商品9時30分 金反発、北朝鮮リスクを意識 円安・ドル高も支え

[有料会員限定]

15日朝方の東京商品取引所で金が反発して始まった。取引の中心である12月物は前日の清算値と比べ32円高い1グラム4497円で寄り付いた。米国でのマイケル・フリン米大統領補佐官(国家安全保障担当)の辞任や、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害されたとの報道などを受け、運用リスクを避ける目的の金の買いが優勢となった。外国為替市場での円安・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り205文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン