/

この記事は会員限定です

商品9時30分 原油が反発、リスクオフ後退で 需給緩和期待も

[有料会員限定]

23日朝方の東京商品取引所で原油が反発して始まった。取引の中心である7月物は前日の清算値と比べ940円高い1キロリットル2万3990円で寄りついた。日経平均株価が続伸して始まるなど投資家が運用リスクを回避する姿勢が後退し、リスク資産である原油には買いが先行している。「20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を前に、中国が株価下支えに動くとの思惑が支えになっている」(商品先物会社)との指摘も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン