/

この記事は会員限定です

商品9時30分 金は続落、NY金下落が波及 原油は小幅安

[有料会員限定]

21日朝方の国内商品先物市場で、金は続落した。中心限月の2021年6月物は1グラム6629円と前日の清算値を32円下回る水準で取引を始めた。ドル安の一服で、前日のニューヨーク金相場が下落し、国内金にも売り優勢の動きが波及した。ただ20日発表の米新規失業保険申請件数(週間)が増加するなど、米景気の先行き懸念は根強い。ニューヨーク金先物には押し目買いが入りやすく、国内金も下値は堅いとの見方が多い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン