/

この記事は会員限定です

商品9時30分 原油は買い優勢、米原油在庫減で 金は反発

[有料会員限定]

1日朝方の国内商品先物市場で、原油は買いが優勢となっている。きょうから取引の中心となった2021年3月物は1キロリットル2万8470円で寄り付いた。期近の限月は総じて前日の清算値を上回っている。米エネルギー情報局(EIA)が9月30日発表した週間の在庫統計で米原油在庫は前週比で200万バレル減少。ニューヨーク原油先物には原油需給の引き締まりを意識した買いが入り、国内原油の買いに波及した。

ガソリン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り315文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン