/

この記事は会員限定です

商品9時30分 原油続落、協調減産に反応限定

[有料会員限定]

10日朝方の東京商品取引所で原油は続落している。取引の中心である9月物は前日清算値に比べ470円安の1キロリットル2万5100円で始まった。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国で構成する「OPECプラス」は9日の緊急テレビ会議で、5月と6月に日量1000万バレルを協調して減産すると決めた。新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な需要減少が見込まれるため「今回の減産規模では需給引き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン