日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月7日 141.349 +0.824

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が3日続落 米原油在庫の増加を嫌気 金は下落

2018/3/29 5:06
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】28日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は3日続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の5月物は、前日比0.87ドル安の1バレル64.38ドルで取引を終えた。週間の米原油在庫が増えたことを嫌気した売りが優勢となった。

28日に米エネルギー情報局(EIA)が公表した週間の石油在庫統計で、原油在庫が前の週から増加した。米国の生産量も増えており、需給が緩むとの懸念が相場の重荷となった。外国為替市場でドルが主要通貨に対して強含み、ドル建てで取引される原油先物の割高感が意識されたとの見方もあった。

ガソリンとヒーティングオイルは反落した。

ニューヨーク金先物相場は下落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)でこの日から取引の中心となった6月物は、前日比17.9ドル安の1トロイオンス1330.0ドルで終えた。主要通貨に対してドルが上昇し、ドルの代替投資先とみなされ、逆の値動きをしやすい金先物の売りにつながった。

銀とプラチナは続落した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム