日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月5日 133.622 +0.769

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

2020年 株主総会のポイント [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 崔 真淑

2020年6月5日

10兆円予備費「緊急の経費に限定」 官房長官 [映像あり]

米ガソリン価格が反発 4月安値から1割高

2020年6月5日

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が反発 協調減産観測で 金は小反発

2020/4/9 5:04
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】8日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は3日ぶりに反発した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の5月物は前日比1.46ドル高の1バレル25.09ドルで取引を終えた。サウジアラビアなど主要産油国が協調減産に動くとの見方が買いを誘った。米エネルギー情報局(EIA)が8日発表した週間の石油在庫統計で原油在庫が大幅に増え、上値が重くなる場面もあった。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟国で構成する「OPECプラス」が9日に会合を開く。10日にはサウジの呼びかけで20カ国・地域(G20)がエネルギー相会合を開く見通しだ。原油安に歯止めをかけるために主要国が減産でまとまるとの期待から買いが入った。

米株式相場が大幅反発し、ダウ工業株30種平均が午後に700ドル高まで上げ幅を広げた。投資家が運用リスクを取りやすくなり、原油先物にも買いが波及した。

EIAの統計では原油在庫が11週連続で増加した。前週から1520万バレルと大幅に増え、930万バレル増との市場予想も上回った。ガソリン在庫も予想以上に増えた。新型コロナウイルスのまん延を受けた行動制限でエネルギー消費が細り、在庫が膨らんでいる。足元の需給悪化が確認されたとして売り材料になった。

ニューヨーク金先物相場は小反発した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である6月物は前日比0.6ドル高の1トロイオンス1684.3ドルで取引を終えた。新型コロナの悪影響を和らげるために世界各国の中央銀行が金融緩和を続け、当面は金市場に資金が流入しやすい環境になるとの見方が買いを誘った。6日夜にほぼ18年ぶりの高値を付けたが、上昇基調が継続するとの見方も買いを誘った。

米株式相場が上昇したため、リスク回避姿勢が強まった際に買われやすい金先物の上値は重かった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム