1/28 3:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
1月27日 146.306 -0.943

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

1月27日(月)14:19

新型肺炎拡大で日経平均急落 GDP押し下げ試算も[映像あり]

官房長官 新型肺炎で国内観光業への対策検討

1月27日(月)13:00

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が大幅続落 米イランの武力衝突の懸念薄れ 金は11日ぶり反落

2020/1/9 5:21
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】8日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は大幅に続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の2月物は前日比3.09ドル安の1バレル59.61ドルで取引を終えた。米国とイランの武力衝突の可能性が低下した。中東の原油供給が細るとの観測が後退し、売りが膨らんだ。

一時は59.15ドルまで下げ、昨年12月12日以来の安値を付けた。

トランプ米大統領は8日午前、前日夜のイランによる米軍のイラク駐留基地への砲撃を受けて演説した。「我々の軍事力を行使したくない」と報復攻撃を否定した。イランについても「作戦を終えたようだ」と述べ、一段の攻撃はないとの見方を示した。会見を受け、両国が武力衝突するとの懸念が後退した。

7日のイランの攻撃対象が石油関連施設でなかったことも供給懸念を招かなかったようだ。また、石油輸出国機構(OPEC)が原油の十分な供給を続ける姿勢を示したと伝わったことも売りを促した。

米エネルギー情報局(EIA)が8日に発表した週間の石油在庫統計で原油在庫が市場予想以上に増え、売り材料になった面もあった。

ニューヨーク金先物相場は11営業日ぶりに反落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である2月物は前日比14.1ドル安の1トロイオンス1560.2ドルで取引を終えた。米国とイランの武力衝突の可能性が後退し、地政学リスクの高まりを背景に金先物を買っていた投資家からの売りが膨らんだ。

7日夜の時間外取引で13年4月以来、6年9カ月ぶりに節目の1600ドルを上回り、利益確定の売りも出やすかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム