日経商品指数17種

(1970年平均=100)
9月21日 149.117 +1.247

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品 原油が反発 在庫増も買い戻し優勢、金3カ月ぶり高値

2017/2/9 6:00
共有
保存
印刷
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】8日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は3営業日ぶりに反発した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の3月物は前日比0.17ドル高の1バレル52.34ドルで取引を終えた。米エネルギー情報局(EIA)による週間の在庫統計の発表後、間もなくして売り持ち高を解消する目的の買いが優勢になった。

 統計では前週末時点の原油在庫が前の週から1383万バレル増え、昨年5月以来の高水準に積み上がった。増加幅は市場予想も大幅に上回った。

 ただ、原油在庫は米石油協会(API)が前日夕に発表した週間統計でも市場の予想以上に急増。これを手掛かりに8日のアジア市場の取引時間帯にかけて原油相場は一時51.22ドルと1月19日以来とほぼ3週ぶりの安値に下げていた。EIA統計での予想上振れもある程度織り込まれていたとして「(実際の結果を確認して)買い戻し優勢に転じた」(クリッパーデータのマット・スミス氏)との声があった。

 一方、ガソリンの在庫は増加予想に反して減っており、原油の余剰在庫に対する警戒感を和らげたとの見方もあった。

 EIAが前日発表した短期エネルギー見通しで、2017~18年にかけて原油の需給バランスが均衡するとの見方を示したことも相場の支えになったもようだ。

 ガソリンとヒーティングオイルもそれぞれ3営業日ぶりに反発した。

 ニューヨーク金先物相場は5日続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である4月物は前日比3.4ドル高の1トロイオンス1239.5ドルで終えた。朝方に1246.6ドルと、中心限月として昨年11月11日以来およそ3カ月ぶりの高値を付けた。

 欧州の政治情勢の先行き不透明感などを背景に、実物資産の裏付けがあり安全資産とされる金への需要が高まった。外国為替市場でドルが主要通貨に対してやや下げたこともドル建ての金価格を押し上げた。

 一方、取引終盤にかけては売りが出て、相場は伸び悩んで通常取引を終えた。

 銀は4営業日ぶりに反落した。プラチナは反発し、一時は中心限月として昨年11月9日以来の高値を付けた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム