2019年6月17日(月)

6/17 20:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月17日 150.396 +0.008

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

川内原発の設置許可取り消し認めず 福岡地裁判決[映像あり]

JICA イラク製油所に1100億円支援

6月17日(月)13:00

トップに聞く[映像あり]

クボタ 社長 木股 昌俊

6月17日(月)09:50

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が大幅続伸 協調減産の継続観測や米株高で

2019/6/8 5:01
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】7日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は大幅に続伸した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の7月物は前日比1.40ドル高の1バレル53.99ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産の延長観測が強まり、需給が逼迫するとみた買いを誘った。米株式相場が大幅に上昇したのもリスク資産とされる原油先物の買いを後押しした。

サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が7日、協調減産を巡り「OPECでは延長がほぼ確実だ」と述べたと伝わった。「問題は非加盟国との調整だ」とも話したが、協調減産の期限である6月末以降も産油国による減産が続くとの見方が広がった。

米労働省が7日発表した5月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数は前月比7万5000人増と市場予想を大幅に下回った。4月と3月分も下方修正され、米連邦準備理事会(FRB)が利下げに動きやすくなるとの見方が強まった。米株式相場が大幅高となり、リスクを取りやすくなった投資家の買いが原油先物相場にも波及した。

米財務省は6日、ベネズエラ国営石油会社PDVSAに対する経済制裁を巡り、海外企業が石油製品の一種である希釈剤を輸出した場合、制裁の対象になる可能性があると明示した。ベネズエラの原油は比重が大きく硫黄分も多い超重質油で、精製には軽油やナフサなどの希釈剤と混ぜる必要があるため同国の原油輸出が一段と減るとの見方につながった。

7日に石油サービス会社ベーカー・ヒューズが公表した米国の石油掘削装置(リグ)稼働数は前週から11基減った。2018年2月2日以来の低水準で、米国の在庫増加に歯止めがかかるとの思惑も相場を支えた。

ニューヨーク金先物相場は8日続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である8月物は前日比3.4ドル高の1トロイオンス1346.1ドルで取引を終えた。一時は1352.7ドルと中心限月として2018年4月中旬以来の高値を付けた。

5月の米雇用統計を受けて外国為替市場で主要通貨に対してドルが売られ、ドルの代替投資先とされる金先物が買われた。FRBによる利下げ観測が強まり、金利が付かない金に資金流入が続くとの見方が相場を押し上げた面もあった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム