12/1 12:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
12月1日 150.215 +0.388

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油続落 コロナ感染拡大や米株安で 金は続伸

2020/10/27 5:04
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】26日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の12月物は前週末比1.29ドル(3.2%)安の1バレル38.56ドルで取引を終えた。米国で新型コロナウイルスの新規感染者が過去最高となり、景気懸念に伴う原油需要の減退を警戒した売りが優勢だった。

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると米国の1日あたりの新規感染者数は23日と24日に8万人を超え、過去最高を更新した。欧州でも感染再拡大が鮮明となっており、経済再開を阻害する恐れが強まっている。

株式市場ではダウ工業株30種平均の下げ幅は一時、900ドルを超えた。株式と同様にリスク資産とされる原油への売りが強まった面があった。

ニューヨーク金先物相場は小幅に続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である12月物は前週末比0.5ドル高の1トロイオンス1905.7ドルで取引を終えた。米株安などを受けリスク回避の買いが金には入った。一方、外国為替市場で主要通貨に対してドル高が進み、ドルと逆の動きになりやすい金先物には売りも出た。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム