2018年10月20日(土)

10/20 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  2. 2位: 新リース基準で負債急増 取引残高、116社で6.6兆円[有料会員限定]
  3. 3位: ギフト田川社長「横浜家系ラーメンでシェア4割」[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 続落、リスク回避の売り 上海株持ち直しで下げ渋る
  5. 5位: 三菱ケミHD、「脱プラ」ストローが吹き消すイメージ[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
10月19日 150.904 -0.264

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油3日続伸 米在庫減を好感 金は小反発

2018/5/17 5:16
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】16日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が3日続伸した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の6月物は前日比0.18ドル高の1バレル71.49ドルで終えた。米エネルギー情報局(EIA)が公表した在庫統計で原油在庫の減少が続き、需給改善を見込む買いが優勢となった。

ただ、EIAの在庫統計が発表される前は下げる場面もあった。国際エネルギー機関(IEA)が16日早朝に公表した月次リポートで、2018年の世界原油需要見通しを引き下げたことが重荷となった。年後半から原油高が嫌気され需要が緩むと指摘した。原油相場は高値圏にあるため、目先の利益を確定する売りが出やすかった。

ガソリンも3日続伸。ヒーティングオイルは反発した。

一方、金先物相場は4営業日ぶりに小反発した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、取引の中心である6月物は前日比1.2ドル高の1トロイオンス1291.5ドルで終えた。朝方に一時1285.7ドルと中心限月として昨年12月下旬以来の安値を付けた。ただ売りは続かず、下値では短期的な戻りを見込む買いが入り相場は上げに転じた。

銀も4営業日ぶりに反発。プラチナは3日続落した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム