2019年1月22日(火)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
1月21日 149.200 +0.571

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

1月21日(月)14:20

中国出生数 80年以降で最低[映像あり]

ゴーン被告「裁判所の全条件を尊重」 保釈求め声明

1月21日(月)13:00

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が反落、シリア情勢の懸念薄れ利益確定売り 金は続伸

2018/4/17 5:11
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】16日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は6営業日ぶりに反落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の5月物は前週末比1.17ドル安の1バレル66.22ドルで取引を終えた。米国などによるシリア軍事攻撃が終了し、中東情勢の不透明感を受けた買いが弱まった。

米英仏が前週末にシリア攻撃に踏み切ったが、これ以上は軍事行動を拡大させないとの観測が広がった。中東情勢が不安定化すると原油供給が滞るとの見方から、原油先物は前週末に3年4カ月ぶりの高値を付けていた。16日は利益確定や持ち高調整を目的とした売りが出た。

ガソリンとヒーティングオイルは反落した。

ニューヨーク金先物相場は続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である6月物は前週末比2.8ドル高の1トロイオンス1350.7ドルで取引を終えた。外国為替市場でドルが対主要通貨で下げ、ドルの代替投資先として逆の動きになりやすい金が買われた。

銀は続伸、プラチナは続落した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム