5/26 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 衰えるバフェット氏の手腕 指数に勝てず含み益も急減[有料会員限定]
  2. 2位: 「逆転」が示す新秩序 息吹き返す個別株投資[有料会員限定]
  3. 3位: トリドール、今期最終赤字7億円 新業態など店舗減損
  4. 4位: 「コロナ、株主第一主義に変化」日本取引所の清田CEO[有料会員限定]
  5. 5位: 神戸製鋼所、高シェアでも「金のならない木」の悩み[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
5月25日 131.140 -0.605

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が2カ月ぶり高値 中国の需要増で 金は4日続伸

2020/5/16 5:15
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=岩本貴子】15日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は続伸した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の6月物は前日比1.87ドル(6.8%)高の1バレル29.43ドルで取引を終えた。一時は29.92ドルと3月中旬以来、2カ月ぶりの高値をつけた。経済活動を再開した中国で原油需要が増えたとの見方から買いが入った。

ロイター通信などは「燃料需要の高まりで、4月の中国の原油需要は3月から増えた」と伝えた。中国国家当局が15日発表した4月の工業生産高が前年実績を上回り、中国で生産が回復しつつあることも市場参加者の心理を上向け、リスク資産である原油先物の買いにつながった。

米国では経済規模の大きいニューヨーク州が一部地域で経済活動の再開を決めるなど、外出制限の緩和が広がっている。米国の原油需要が持ち直すとの思惑も強い。

ニューヨーク金先物相場は4日続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である6月物は前日比15.4ドル(0.9%)高の1トロイオンス1756.3ドルで取引を終えた。米商務省が15日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する事実上の禁輸措置を強化すると発表した。米中対立が厳しくなるとの懸念から実物資産の裏付けのある金先物への買いが続いた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム