2019年2月24日(日)

2/24 14:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
2月22日 152.553 -0.346

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

2月22日(金)14:20

トヨタ北海道 きょう午後に操業再開へ[映像あり]

日本紙パ商事 子会社が産業廃棄物を不適正処理

2月22日(金)13:00

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が続落 中国景気の減速懸念で 金は続伸

2019/1/15 5:19
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】14日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の2月物は前週末比1.08ドル安の1バレル50.51ドルで取引を終えた。中国景気への警戒感が強まり、原油需要が弱まるとの見方から売りが優勢だった。

14日発表された中国の昨年12月の貿易統計で、輸出、輸入とも市場予想に反して前年同月比で減少した。対米貿易の落ち込みが目立ち、貿易摩擦による景気への悪影響が改めて意識された。米株式相場が軟調だったのも投資家心理を悪化させ、リスク資産である原油先物の売りにつながった。

ニューヨーク金先物相場は続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である2月物は前週末比1.8ドル高の1トロイオンス1291.3ドルで終えた。中国の景気への警戒感が強まり、実物資産の裏付けがあり、資金の逃避先とされる金先物が買われやすかった。ドルが円などに対して下落したのも、ドルの代替投資先とされる金先物相場を支えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム