/

NY商品、原油が続伸 ECBの追加緩和観測で買い戻し 金は続落

【NQNニューヨーク=横内理恵】22日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は大幅に続伸した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の3月物は前日比2.66ドル高の1バレル32.19ドルで取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)による追加の金融緩和観測を背景に市場心理が改善し、原油先物にも買いが広がった。

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席したドラギECB総裁は22日、追加緩和に踏み切る可能性があることを改めて示唆した。ECBによる緩和期待が強まるなかで株を含めたリスク資産の価格下落が一服しており、原油先物にも売り持ち高の解消を目的とした買い戻しが膨らんだ。

ガソリンとヒーティングオイルはともに続伸した。

ニューヨーク金先物相場は小幅に続落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である2月物は前日比1.9ドル安の1トロイオンス1096.3ドルで取引を終えた。原油や米株式相場の上昇を受けて、投資家が運用リスクを取りにくくなった際に資金の逃避先となってきた金の先物には売りが続いた。

銀は続落したが、プラチナは続伸した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン