日経商品指数17種

(1970年平均=100)
1月29日 145.448 -0.858

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が6日続落 米経済の減速懸念で 金は反発

2019/10/2 5:04
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】1日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は6日続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の11月物は前日比0.45ドル安の1バレル53.62ドルで取引を終えた。一時は53.05ドルと1カ月ぶりの水準に下落した。米製造業の景況悪化を示す統計が発表され、原油需要が細るとの見方から売りが優勢だった。

1日発表の9月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数は前月比1.3ポイント低下の47.8と、10年3カ月ぶりの低水準だった。好不況の境目である50を2カ月連続で下回り、米景気の後退懸念が台頭した。

ニューヨーク金先物相場は反発した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である12月物は前日比16.1ドル高の1トロイオンス1489.0ドルで取引を終えた。ISM指数の悪化を受け、米連邦準備理事会(FRB)が今月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利下げを決めるとの見方が強まった。金利のつかない資産である金の相対的な妙味が高まった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム