4/6 15:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
4月6日 132.110 +0.623

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

金融危機は防げるのか [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 岡崎 良介

2020年4月6日

小池都知事、緊急事態宣言「様々な準備に入っている」 [映像あり]

UQ,学生の通信費負担を軽減

2020年4月6日

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が続伸 米在庫が予想ほど増えず 金は7年ぶり高値

2020/2/21 5:16
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】20日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は続伸した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の3月物は前日比0.49ドル高の1バレル53.78ドルで取引を終えた。20日発表の週間の米原油在庫が市場予想ほど増えなかった。米経済指標が総じて良好で、米景気の底堅さが原油需要を支えるとの見方が強まったことも買いを誘った。

一時は54.50ドルと1月下旬以来、ほぼ1カ月ぶりの高値を付けた。米エネルギー情報局(EIA)が20日に発表した統計で原油在庫が市場予想ほど増えず、ガソリンやヒーティングオイルの在庫は減少した。米国内の需給引き締まりを示した。

20日発表の2月のフィラデルフィア連銀の製造業景況指数が市場予想に反して大幅に上昇した。2月のニューヨーク連銀の製造業景況指数や1月の住宅着工など、今週発表された経済指標は改善が目立つ。米景気拡大が続き、原油需要の増加につながるとして原油先物が買われた。

ニューヨーク金先物相場は6日続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である4月物は前日比8.7ドル高の1トロイオンス1620.5ドルで取引を終えた。一時は1626.5ドルと中心限月として2013年2月以来、7年ぶりの高値を付けた。

新型肺炎の感染や影響が中国外でも広がるとの見方が浮上。米株式相場が下げ幅を広げたこともあり、リスク回避の際に投資資金の受け皿となりやすい金先物には買いが優勢だった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム