11/17 6:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
11月15日 145.463 -0.586

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が3日続伸 米週間在庫の減少受けた買い続く

2019/8/30 5:03
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】29日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は3日続伸した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の10月物は前日比0.93ドル高の1バレル56.71ドルで取引を終えた。前日に発表された週間の米石油在庫統計で、原油在庫が減少したことを材料視した買いが続いた。米中貿易摩擦への懸念がやや後退したのも相場を支えた。

米エネルギー情報局(EIA)が28日に発表した石油在庫統計では、原油在庫が市場予想を上回って減少した。需給の緩みが解消するとみた買いが29日も続いた。

中国の対米姿勢の軟化も買いを促した。中国商務省の報道官は29日の記者会見で「貿易戦争のエスカレートに断固反対する。冷静な態度で協議と協力をし問題を解決したい」と述べた。米中対立の激化で経済が冷え込み、原油需要を抑えるとの懸念が薄れた。

ニューヨーク金先物相場は続落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である12月物は前日比12.2ドル安の1トロイオンス1536.9ドルで取引を終えた。投資家心理の改善を受け、リスク回避の際に買われやすい金先物は売りが優勢だった。債券市場で米国債利回りが上昇し、金利が付かない資産である金の投資妙味が薄れたのも売りを誘った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム