2019年7月22日(月)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
7月22日 149.811 +0.108

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が反発 中東の増産観測がやや後退 金は反落

2019/4/30 5:02
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】29日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が4営業日ぶりに反発した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の6月物は前週末比0.20ドル高の1バレル63.50ドルで終えた。イラン産原油の禁輸への対応で中東産油国が増産に動くとの観測がやや後退し、買いを促した。

米政府は5月からイラン産原油を全面禁輸するよう日本などに求めている。供給不安への対応としてトランプ米大統領が26日、「サウジアラビアや主な産油国と話し、供給を増やすことで合意した」とツイッターに投稿。これを受け、26日のNY原油先物は3週ぶり安値まで下げていた。

サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相など中東産油国の首脳が「トランプ氏とは話をしていない」と述べたと伝わり、29日は原油供給が増えるとの観測がやや後退した。政情不安が続くリビアやベネズエラの供給減は継続しており、需給の締まりを見込む買いが優勢になった。

金先物相場は4営業日ぶりに反落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、取引の中心である6月物は前週末比7.3ドル安の1トロイオンス1281.5ドルで終えた。米株式相場の上昇で投資家心理が改善し、リスク回避目的で買われやすい金の重荷になった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。