日経商品指数17種

(1970年平均=100)
1月21日 148.343 +0.018

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

NY商品、原油が続落 協調減産の縮小を警戒 金も続落

2018/5/30 5:12
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】29日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の7月物は前週末比1.15ドル安の1バレル66.73ドルで終えた。サウジアラビアとロシアが協調減産を緩める考えだと前週末に伝わり、警戒した売りが続いた。欧米株相場の下落が投資家心理を冷やし、リスク資産とされる原油の売りを誘った面もあった。

サウジが主導する石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国は、合計で日量約180万バレルの協調減産に取り組んできた。米国の経済制裁次第でイランとベネズエラの原油輸出が細るとの懸念が強まり、供給不足分を補うために減産幅を80万バレルまで圧縮する案が検討されていると伝わった。

協調減産の効果が薄れて需給が緩み、原油相場の逆風になるとの見方が広がった。7月物は一時65.80ドルと、期近物として4月中旬以来の安値を付けた。

金先物相場は続落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、取引の中心である6月物は前週末比4.7ドル安の1トロイオンス1299.0ドルで終えた。イタリアやスペインの政治不透明感を背景に、外国為替市場でドルがユーロに対して大きく上昇し、ドルの代替投資先とされる金の重荷となった。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム