7/11 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: なぜこの数値?経済統計、肌感覚に合わないカラクリ[有料会員限定]
  2. 2位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ反発369ドル高 コロナ治療薬の進展期待で
  4. 4位: 気候変動リスク、企業の「負債」に 数値化が課題[有料会員限定]
  5. 5位: REIT時価総額、物流型が一時トップに コロナで揺らぐ投資尺…[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
7月10日 137.470 +0.160

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・28日

2020/5/29 5:34
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】28日のシカゴ市場でトウモロコシと小麦が上昇した。米国内産地の天候を手掛かりに買われた。天気予報によると、向こう数週間の産地で高温の乾燥した状態が続くため作柄悪化への懸念が広がった。ドルが対ユーロで下落し、輸出にプラスとの観測も広がった。「ファンドの売り持ち高の解消が入った」(米穀物アナリスト)という。トウモロコシ7月物終値は前日比7セント高の1ブッシェル=3.2750ドル。小麦7月物終値は同10セント高の5.1450ドル。

大豆は小幅に反落した。米中関係悪化への警戒感が広がった。中国が進める香港の統制強化に対しトランプ政権が制裁措置を検討しており、対中輸出先行きに不透明感が広がった。7月物終値は同1.50セント安の8.47ドル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム