日経商品指数17種

(1970年平均=100)
12月13日 145.959 +0.276

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・18日

2019/11/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】18日のシカゴ市場で大豆とトウモロコシが下げた。米中貿易協議の先行き警戒感が広がったほか、ブラジルなど南米産地の降雨予報を手掛かりに作柄改善を見込む売りが出た。米メディアが18日、米中貿易協議の合意について北京側は悲観的と報じ、対中穀物輸出の正常化への期待が薄れた。

市場はこの日の取引終了後に米農務省が発表する週間の収穫状況報告に注目している。トウモロコシは中心限月物終値ベースで今年9月12日以来、約2カ月ぶりの安値をつけた。12月物終値は前週末比3.50セント安の1ブッシェル=3.6775ドル。大豆は同終値ベースで約1カ月半ぶりの安値をつけた。1月物終値は同8セント安の9.1025ドル。

小麦は反発した。先週後半に下げ進んだ反動から、売り持ち解消の買いが入った。12月物終値は同4.50セント高の5.0725ドル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム