11/24 19:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日経平均、終値638円高の2万6165円 29年半ぶり高値
  2. 2位: テスラが導いた年初来高値 EV期待で部品株も急伸[有料会員限定]
  3. 3位: ZOZO、アパレル一人勝ちの死角 下がる資産効率[有料会員限定]
  4. 4位: コンテナ不足、運賃押し上げ 中国発東南ア向け4倍に[有料会員限定]
  5. 5位: GoToトラベル札幌・大阪除外、24日午後決定へ

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
11月24日 149.318 +0.576

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・6日

2020/10/7 5:57
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】6日のシカゴ市場で大豆が大幅に上昇し、約2年5カ月ぶりの高値で引けた。ブラジル産地の降雨不足による作付けの遅れを見込む買いが入った。作付けが遅れれば収穫期の後ずれや減産につながるため米国の対中輸出拡大への期待が広がった。9日発表の米農務省の10月の穀物需給が大幅な在庫減を示すとみる買いも入った。11月物終値は前日比22.50セント高の1ブッシェル=10.44ドル。

小麦は続伸した。ロシアやウクライナなど産地の降雨不足を手掛かりに買い進まれた。12月物は中心限月ベースで一時15年7月以来、約5年3カ月ぶりに一ブッシェル当たり6ドル台に乗せた。12月物終値は同8.50セント高の5.9275ドル。

トウモロコシは大豆と小麦につれ高した。12月物終値は同5.50セント高の3.85ドル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム