日経商品指数17種

(1970年平均=100)
10月18日 145.826 +0.077

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・6日

2019/9/7 5:55
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】6日のシカゴ市場で主要穀物は軒並み小幅に下げた。米産地で作物の生育に適した天候が続くとの見通しが相場を下押しした。

トウモロコシは反落し中心限月の終値としては5月10日以来、約4カ月ぶりの安値をつけた。米農務省が6日発表した週間の輸出売上高が市場予想を下回ったことも売り材料視された。市場では「穀物市場では弱気派が勢いを増しており、反発にはかなりの買い材料が必要だ」(米穀物アナリスト)との声が聞かれた。トランプ政権のエタノールなどバイオ燃料政策や、来週12日発表の米農務省の穀物需給に注目している。12月物は前日比3.25セント安の1ブッシェル=3.555ドルで終えた。

大豆は続落した。11月物は同3.75セント安の8.5775ドルで終えた。

小麦は反落した。12月物は同2.50セント安の4.6375ドルで終えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム