2019年5月24日(金)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
5月23日 150.228 -0.303

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・25日

2019/4/26 5:48
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】25日のシカゴ市場でトウモロコシと大豆が小幅に反発した。前日に期近物の終値として約7カ月ぶりの安値をつけたため、短期的な反発を見込んだ買いが優勢になった。天気予報によると、米中西部産地で5月上旬まで雨の多い天候が続くため、作付けの遅れへの懸念が再燃した。一方で米農務省が25日に公表した週間の輸出売上高は市場予想の範囲内にとどまり「さえない数字」(米穀物アナリスト)と受け止められ、上値は重かった。

トウモロコシ7月物は前日比1.25セント高の1ブッシェル=3.5725ドル、大豆7月物は同4セント高の8.7275ドルで終えた。

小麦も小反発した。売りが先行したものの売られ過ぎとの見方が広がり、買い戻しや値ごろ感に着目した買いが入った。7月物は同3セント高の4.4150ドルで終えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム