11/24 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NYダウ反発で始まる 一時190ドル高、ワクチン実用化期待
  2. 2位: 日本株、出遅れ割安株が優位に 米大統領選で潮目変化[有料会員限定]
  3. 3位: ZOZO、アパレル一人勝ちの死角 下がる資産効率[有料会員限定]
  4. 4位: 2021年、ESGの奔流は止まらない[有料会員限定]
  5. 5位: 再編でよみがえる「変態企業」 自動車も進化の兆し[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
11月20日 148.742 -0.039

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・5日

2020/10/6 5:58
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】5日のシカゴ市場で小麦が続伸した。欧米産地の少雨予報を手掛かりに生産減少を警戒する買いが入った。ドルが対ユーロで下げ、輸出拡大見通しも広がった。市場関係者は今週9日に米農務省が発表する10月の穀物需給に注目している。小麦12月物終値は前週末比11セント高の1ブッシェル=5.8425ドル。

トウモロコシと大豆はほぼ横ばい。米中西部産地の順調な収穫を見込む売りが上値を抑えた。一方で小麦の上昇や原油高を好感する買いが入り、相場を支えた。

トウモロコシ12月物終値は同0.25セント安の3.7950ドル。大豆11月物終値は同0.75セント高の10.2150ドル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム