6/1 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: AI運用、コロナ危機後に覚醒するか[有料会員限定]
  2. 2位: 給付金で株投資 「将来に備え」ミレニアルも億り人も[有料会員限定]
  3. 3位: 日産巨額赤字、シェア偏重で商品力にツケ[有料会員限定]
  4. 4位: 米低格付け企業に逆風 ローン担保証券、新規発行減[有料会員限定]
  5. 5位: いつか見た「バリュー株」物色、旬は最長2カ月か[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
5月29日 132.067 +0.099

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・24日

2020/3/25 5:54
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】24日のシカゴ市場で大豆が6営業日続伸した。ブラジルなど南米で新型コロナウイルスの感染拡大が進み、輸出が停滞するとみた買いが入った。大豆ミール需給の逼迫見通しに加え、原油相場の底堅さもバイオ燃料の材料である大豆を支えた。

市場には「ファンドの売り持ち解消買いが進み、この日で一巡した」(米穀物アナリスト)との声が出ていた。大豆5月物終値は前日比2.75セント高の1ブッシェル=8.8675ドル。

トウモロコシは反発した。ここ数週間に下げ進んだ反動から値ごろ感からの買いが入った。ただ、エタノール工場で赤字経営が続いており、材料であるトウモロコシの需要先行きを懸念する向きが多い。5月物終値は同3.75セント高の3.4725ドル。

小麦は小反落した。23日の市場で約1カ月ぶりの高値で引けた反動から利益確定の売りが出た。5月物終値は同1セント安の5.6150ドル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム