2019年6月20日(木)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月20日 150.872 +0.304

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・24日

2019/4/25 5:58
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】24日のシカゴ市場でトウモロコシは続落し、直近限月物終値ベースで約7カ月ぶりの安値をつけた。ドル高を手掛かりに輸出競争力の低下を見込む売りが出た。潤沢な世界在庫やブラジルなど南米の増産見通しも相場を下押した。ファンドは記録的な売り持ちを膨らませているが「米中貿易交渉の進展や産地の悪天候など新たな買い材料が出ない限り、ファンドは買い戻さないだろう」(米穀物アナリスト)という。7月物終値は前日比4.25セント安の1ブッシェル=3.56ドル。

大豆は続落し、中心限月物終値ベースで約半年ぶりの安値を更新した。収穫期に入っているブラジルの豊作見通しが相場を下押した。中国全土に広がる家畜伝染病「アフリカ豚コレラ」の影響で飼料需要の減少を見込む売りも続いた。5月物終値は同6.75セント安の8.5525ドル。

小麦は反落した。ドル高やカナダの作付け面積増を材料に売られた。7月物終値は同6.50セント安の4.3850ドル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム