日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月7日 141.349 +0.824

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・13日

2020/7/14 6:12
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】13日のシカゴ市場で主要穀物はトウモロコシ主導で下げた。米中西部産地の向こう10日間の天気予報を受け、高温少雨による作柄悪化への警戒感が薄れた。トウモロコシは生産量を左右する受粉期を迎え「天候リスクが低下したうえファンドの売り越しも減り、当面の買い材料は限られる」(米穀物アナリスト)という。12月物終値は前週末比8.25セント安の1ブッシェル=3.3650ドル。

大豆も産地の天候見通しを嫌気した。11月物終値は同15.50セント安の8.7525ドル。

小麦はトウモロコシにつれ安した。先週に中心限月物終値ベースで約2カ月半ぶりの高値を更新し、反動の売りが出やすかった。9月物終値は同9.25セント安の5.2475ドル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム