2019年2月19日(火)

2/19 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上場企業3期ぶり減益 車や電機失速、2019年3月期予想
  2. 2位: オリエンタルランド、「新幹線」に迫る「ミッキー」[有料会員限定]
  3. 3位: サンドラッグ、増益の大記録を止めた3つの壁[有料会員限定]
  4. 4位: 「ドル建て」日本国債に資金、海外勢の買い拡大[有料会員限定]
  5. 5位: 株価大幅反発も市場に高揚感なし チャートが映す弱気[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
2月19日 151.415 +0.725

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

2月18日(月)14:20

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・12日

2018/9/13 6:07
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】12日のシカゴ市場でトウモロコシが大幅下落し、中心限月物終値ベースで約2カ月半ぶりの安値をつけた。米農務省が12日発表した9月の穀物需給でイールド推定(1エーカー当たりの収穫量)を前月比で上方修正し、市場予想を大きく上回った。同省の推定が実現すれば、今秋の収穫量は過去2番目の豊作になる。「今回のイールド推定値は驚くべき高水準で予想外だった」(米穀物アナリスト)との声が聞かれた。12月物終値は前日比14.25セント安の1ブッシェル=3.5250ドル。

大豆は反発した。穀物需給が過去最高の収穫量見通しを示したため、一時的に売られた。売り一巡後は豊作見通しは予想の範囲内との見方から反発した。11月物終値は同8.25セント高の8.40ドル。

小麦は続落した。トウモロコシの下げにつられた。穀物需給で世界在庫が前月比で上方修正されたことも売り材料になった。12月物終値は同12セント安の5.0675ドル。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム